鹿児島大学病院からのお知らせ

令和6年能登半島地震に係る日本災害リハビリテーション支援協会(JRAT)チーム活動報告

 令和6年能登半島地震における被災地の医療支援のため、日本災害リハビリテーション支援協会(JRAT)※1より医療支援の要請があり、本院から医師1名を2月5〜2月9日の日程で派遣しました。
 災害リハビリテーションは、大規模災害が発生した時に生活不活発病※2や災害関連死を防ぐために、リハビリテーション医療・医学の視点から関連専門職が組織的に支援を展開し、被災者や要配慮者などの早期自立生活の再建・復興を目指す活動です。
 今回、本院からの医師1名は恒心会おぐら病院スタッフ(理学療法士3名)とともに、石川県羽咋郡志賀町および輪島市門前地域で支援活動を行いました。
 志賀町では、各地に点在する自主避難所から指定避難所への集約が急ピッチで進められていました。現地の保健師とともに、複数の入所予定者に対して現状の能力評価を行い、他県からの支援スタッフ(ダンボールベッドの設置や避難所管理担当)も交え、最適と思われる環境設定を提案しました。
 また、輪島市門前地域では、現地ならびに災害時健康危機管理支援チーム(DHEAT)の保健師と連携し、介入の必要性が高い避難所や個人宅、介護保険施設を訪問し、施設や入所者の評価、問題点の抽出、環境設定などを行いました。介護保険施設によっては、被災者を受け入れることで入所者数は定員を大きく超えていましたが、自らも被災している職員の方々が限られた人的資源の中で精一杯工夫して業務に取り組んでいました。ところが、追い打ちをかけるように隔離が必要となる新型コロナ感染症が次々と発生しており、今後、入所者の生活不活発病のみならず、職員の疲弊も危惧される状況でした。そこで、現状の詳細について調査し、地域の医療福祉スタッフやJRAT本部へ伝達し、継続的な人的資源の投入など、今後の対応へと繋げました。
 支援中はレンタカーで移動しましたが、目的地までの道のりは、通行止めや路面の損傷、法面の崩落などがいまだ激しい箇所もあり、迂回路を確認し、安全に十分注意しながら慎重に向かう必要がありました。今後の余震の影響も心配です。
 現在、避難所の集約や仮設住宅への入所などが急ピッチで進められ、状況は変化してきていますが、高齢化率が非常に高い地域が多く、継続的な支援が必要です。

<JRAT派遣医師のコメント>
河村 健太郎 医師 (リハビリテーション科)
 現地では朝夕に交通渋滞が発生するため、どのチームも移動に多くの時間を要しておりました。限られた時間の中で、円滑に最大限の支援を行うためには、本部や現地のスタッフと密に連携しながら活動することが極めて重要であると感じました。今回の経験で得たことを、後続するJRATチームへしっかり引き継ぎたいと思います。今回の派遣に際し、応援ならびに後方支援してくださった皆々様にこの場をおかりして深く御礼申し上げます。

※1 JRAT(日本災害リハビリテーション支援協:Japan Disaster Rehabilitation Assistance Team)
平時から加盟団体が連携し、各地域において地域住民とともに災害に立ち向かう仕組み作りに寄与する。また、発災時に災害リハビリテーション支援チームを発足させ、被災者・要配慮者の生活不活性発病や災害関連死等の予防に関する活動を行う。

※2 生活不活発病
「動かない」(生活が不活発な)状態が続くことにより、心身の機能が低下して「動けなくなる」ことをいいます。

(写真①)医療福祉班の合同ミーティング
(写真②)避難所の環境評価
(写真③)屋外仮設風呂周辺の環境評価

●関連リンク (鹿児島大学病院からのお知らせ)
令和6年能登半島地震災害における日本災害リハビリテーション支援協会(JRAT)活動への医師派遣について

令和5年度被ばく傷病者対応訓練を実施しました

 2月10日(土)、川内原子力発電所の放射線管理区域内での汚染を伴う負傷者の発生に対する被ばく傷病者対応訓練を実施し、約40名の教職員が参加しました。
 訓練は、鹿児島県が九州電力川内原発(薩摩川内市)の重大事故に備え実施したもので、約210機関が避難手順や連絡体制を共有しました。当日は、薩摩半島西方沖を震源とする最大震度7の地震が発生し、放射線管理区域内をパトロール中の所員2名が負傷、うち1名が鹿児島大学病院へ救急車で搬送との想定で訓練が行われました。
 この訓練は、平成29年11月1日付けで、鹿児島県から「原子力災害拠点病院」の指定を受けたことにより、関係機関と協力しながら本院で実施しているもので、被ばく傷病者の汚染部分の除染と治療の訓練を行いました。また、「ホールボディカウンタ等搭載車(放射能測定車)」の設置場所や病院敷地内の走行経路の確認も併せて行われました。
 今回の訓練では、鹿児島県からの要請を受けた長崎大学高度被ばく医療支援センターの専門家から医療処置等の助言・指導を受けるなど、連絡体制や搬送経路の再確認も行い、関係機関の連携強化を図ることができました。
 今後、訓練結果を検証し、原子力災害医療対応マニュアル等の見直しを行う予定です。

(写真①) 長崎大学専門家によるストレッチャー養生の指導の様子
(写真②) 被ばく医療処置の様子

第79回九州地区国立大学病院長会議を開催しました

 第79回九州地区国立大学病院長会議が、2月9日、本院を当番校として、ソラリア西鉄ホテル鹿児島にて開催され、九州地区の国立大学病院8校の病院長及び事務部長、計15名が参加しました。
 本会議は、診療・教育・研究に係る諸問題及びこれに関連する重要事項について協議し、相互の理解を深めることを目的として、九州地区の国立大学病院の病院長、事務部長が年に1回会し、開催されます。
 今年度は当番校である本院病院長 坂本泰二の挨拶により開会し、「新型コロナ、働き方改革、エネルギー価格高騰の影響等に対する病院経営改善策の取組みについて」や「医師の働き方改革に伴う自己研鑽の取扱いについて」など事前に提案された5つの協議事項、1つの承合事項について、活発な議論が交わされました。
 会議終了後には、情報交換会が開催され、各病院の現状や課題等を主な話題として、積極的な交流が行われました。

(写真①)会議の進行を行う坂本病院長
(写真②)会議の様子

令和6年能登半島地震に係る日本医師会災害医療チーム(JMAT)活動報告

 令和6年能登半島地震における被災地の医療支援のため、日本医師会より医療支援の要請があり、日本医師会災害医療チーム(JAMT)※1として、本院から医師2名を1月29〜2月1日の日程で派遣しました。
 本院からの医師2名は、鹿児島市医師会病院スタッフ(看護師2名、業務調整員1名)とともに、石川県輪島市門前地域での本部運営および避難所巡回診療、発熱外来等の活動を行いました。本部運営では、輪島市門前総合支所の役所の方々や保健師の方、JMAT以外に支援で入っている災害派遣医療チーム(DMAT)や災害時感染制御支援チーム(DICT)などの他の医療チームとの情報共有や業務連携を行いました。また、地域の開業医の業務軽減のため、発熱患者を診察する発熱外来の運用/診察や、約30箇所もある一次避難所において、医療ニーズがある方への訪問診療等を行いました。門前地域は輪島市近郊で、被害も大きく、交通アクセスもスムーズではない地域であり、まだまだ多くの方が一次避難所の厳しい環境で身を寄せて避難をされておりました。避難生活も長期化することが予想され、急性期の疾患だけでなく、今後高齢者施設での褥瘡や密集空間での感染症の蔓延といった新たな問題が懸念されます。医療ニーズは経時的に変化すると思いますが、継続的な支援が必要になってくると思います。
 一日も早い復旧・復興をJMAT隊、鹿児島大学病院職員一同お祈り申し上げます。

<JMAT派遣医師のコメント>
政所 祐太郎 医師(救急・集中治療部)
1ヶ月ほど経過した段階での被災地入りでしたが、まだまだやるべきことはたくさん残っているな、というのが第一印象でした。JMATは、地域の開業医や保健師、行政で医療が完結できるようなところまで医療支援を続けることが目的ですので、本当に多くの方々とコミュニケーションをとって支援を行いました。短期間の活動で目に見える効果があったわけではないですが、鹿児島から送り出して頂いた多くの方の気持ちを込めて精一杯支援を行いました。我々の活動報告により、鹿児島から被災地へさらに支援の輪が広がって欲しいと思います。

 中村 壮史 医師(救急・集中治療部)
被災された方々は厳しい環境の中で長期間生活されており、JMATとして数日間ではありましたが、医療面で少しでも役に立てるよう支援活動を行いました。被災地生活における問題点、住民の方や他職種で支援されている方との関係性づくりは、実際に現地で活動してみて初めて分かる部分も多くありました。早期の復興のためには、意見を共有しながら被災者及び支援者が一丸となり同じ方向を向いて進んでいくことが大切だと感じました。これからも支援活動は続きますが、今回の経験を伝えることで被災地へより多くの支援の意識が生まれることを願っています。

※1 JMAT(日本医師会災害医療チーム:Japan Medical Association Team)
被災者の生命及び健康を守り、被災地の公衆衛生を回復し、地域医療の再生を支援することを目的とする災害医療チーム。

(写真①)市役所支所関係者らとのミーティング
(写真②)他県JMATやDICTとのミーティング
(写真③)避難所での医師による診察

●関連リンク (鹿児島大学病院からのお知らせ)
令和6年能登半島地震に係る日本医師会災害医療チーム(JMAT)医師を被災地へ派遣しました

令和6年能登半島地震に係る鹿児島大学病院災害派遣医療チーム(DMAT)活動報告

 令和6年能登半島地震災害における被災地の医療支援のため、本院では、災害派遣医療チーム(DMAT)※14名(医師1名、看護師2名、業務調整員1名)を1月20日~24日の日程で派遣しました。
 本院のDMAT隊は、石川県の穴水町保健医療福祉調整本部業務と搬送支援業務を中心に活動を行いました。調整本部内では地域内の高齢者施設や障害者支援施設のライフラインや入所者数、避難状況などの情報を収集し、支援状況や医療ニーズについて調査を行いました。搬送業務では、高齢者施設から避難を行う入所者2名の支援を行いました。
 医療ニーズは日々変化しており、状況に応じて活動内容も柔軟に対応しました。搬送支援を行った入所者様からは「ありがとう」とお言葉もいただき大変励みになりました。
 一日も早い復旧・復興をDAMT隊、鹿児島大学病院職員一同お祈り申し上げます。

<本院DMATメンバーのコメント>
佐藤 満仁 医師(救急・集中治療部)
出来ることはなんでもやる!という気持ちで被災地入りしました。各入所施設により必要なことが異なっており、現場でなければ分からないことだらけでした。我々DMATだけでは出来ないことでも、他の支援チームと協力、対応し、多種多様な支援と継続的なサポートの必要性を痛感しました。我々の活動を支援、応援していただきありがとうございました。

西端 宏平 看護師(B棟7階)
「『これはDMATの仕事じゃない』は言わない。自分ができることは全部やる。 」の気持ちで、現地に向かいました。現地の状況を知り、自分達に何ができるのか、現地の方々のために何をすべきなのかをチームで話し合い、活動しました。自分たちの活動を次のチーム、さらにその次のチームに繋ぐことで絶え間ない支援が続けばいいと思います。

吉永 健嗣 看護師(救急病棟)
私たちの活動が被災地のために一つでも多くの力になれたらという思いで現地に入りました。現場では被災された方々や医療施設等にどのような支援が求められているか模索し、関係するチームメンバーで情報を共有し、必要な支援を行いました。今回の経験をしっかりと今後の支援に活かしていきたいと思います。

藏元 直也 業務調整員(臨床工学部門)
被災地では道路状況も悪く、断水が続くなど生活環境も復旧できておらず長期的な支援が必要だと感じました。今後も少しでも貢献できるよう支援を行い、今回の活動を今後に活かしていきたいと思います。

※1 DMAT(災害派遣医療チーム:Disaster Medical Assistance Team)
大規模災害や多傷病者が発生した事故などの現場に、急性期(おおむね48時間以内)から活動できる機動性を持った、専門的な訓練を受けた医療チーム

(写真① 調整本部内での業務の様子)
(写真② ミーティングで報告を行う医師)
(写真③ 搬送支援業務の様子)
(写真④ 約3時間の道のりを無事搬送終了)

●関連リンク (鹿児島大学病院からのお知らせ)
令和6年能登半島地震に係る鹿児島大学病院災害派遣医療チーム(DMAT)を被災地へ派遣しました

取引業者の方へ  新型コロナウイルス感染防止のお願い(第12報)

■ 以下の場合、来院を認めません。
・37.5℃以上の発熱や、咳などの呼吸器症状がある場合
・濃厚接触者に該当する場合

■ 来院時には、常時不織布マスクを鼻から顎まで覆って確実に着用いただくとともに、手指衛生の徹底をお願いします。

■ 責任者は、従業員が新型コロナウイルス検査で陽性になった場合は、「取引業者の陽性者情報報告書」により、担当部署に早急にご連絡ください。

※来院時に記録いただいていた体温・体調チェック表(県内取引業者)及び鹿児島大学病院訪問チェックシートに基づく訪問先の事前確認及び訪問当日の体調確認(県外取引業者)は、廃止します。

院内感染対策へのご理解とご協力をお願いします。

                                担当部署:経理調達課・施設管理課

取引業者の方へ 新型コロナウイルス感染防止のお願い(第12報)
取引業者の陽性者情報報告書(Excel)


MR(医薬情報提供者)の方へ 新型コロナウイルス感染防止のお願い(第7報)

■ 来院の際は、病院入口のアルコール製剤で手指衛生を行い、不織布マスクの着用を遵守するとともに、必ず薬剤部へお立ち寄りください。

■ 以下の場合、来院を認めません。
・37.5℃以上の発熱や咳などの呼吸器症状、その他体調不良がある場合
・新型コロナウイルス感染症罹患後7日以内(症状遷延する場合は最大10日)の場合
・濃厚接触者に該当する場合

■ 訪問後に担当者が新型コロナウイルス検査で陽性になった場合は、訪問先および薬剤部に早急にご連絡ください。

■ 病院や医局等での医薬品の説明会は、三密を避けるため換気等の感染対策のうえ、実施してください。

※事前にお送りいただいていた訪問予定内容のFAXは廃止します。

                   問合せ先 : 薬剤部(099-275-5543)

院内感染対策へのご理解とご協力をお願いします。
                                鹿児島大学病院

令和6年能登半島地震災害における日本災害リハビリテーション支援協会(JRAT)活動への医師派遣について

 令和6年能登半島地震災害に伴い、日本災害リハビリテーション支援協会(JRAT)※1から派遣要請を受けた鹿児島JRATより活動参加への協力依頼があり、本院より医師1名を派遣することが決まりました。
 派遣医師は、2月5日から2月9日までの5日間、石川県被災地域(主に避難所等)での活動を予定しており、JRAT現地対策本部支援業務および避難所支援業務に従事します。
 2月1日には、派遣を控えた医師(リハビリテーション科 河村 健太郎助教)と坂本 泰二病院長、橋口 照人大学院医歯学総合研究科長、吉浦 敬副病院長(災害対策担当)、下堂薗 恵リハビリテーション科部門科長などの関係者が会し、JRATの活動や派遣地域の現状等について、情報共有が行われました。
 参加者一人一人から激励の言葉が贈られた後、派遣医師より「臨機応変に対応し、被災地の方々に寄り添った支援業務を行って参ります」との抱負が述べられました。

※1 JRAT(日本災害リハビリテーション支援協:Japan Disaster Rehabilitation Assistance Team)
平時から加盟団体が連携し、各地域において地域住民とともに災害に立ち向かう仕組み作りに寄与する。また、発災時に災害リハビリテーション支援チームを発足させ、被災者・要配慮者の生活不活性発病や災害関連死等の予防に関する活動を行う。

(写真①)情報共有を行う坂本病院長と河村助教
(写真②)左より
前列:下堂薗リハビリテーション科部門科長、河村助教、橋口研究科長
後列:染矢事務部長、坂本病院長、吉浦副病院長

第39回全国国公立大学病院集中治療部協議会および同看護師長会を開催しました

 第39回全国国公立大学病院集中治療部協議会及び同看護師長会が、1月26日、本院を当番校として、SHIROYAMA HOTEL kagoshima(城山ホテル鹿児島)にて開催され、全国国公立大学病院の集中治療部長、看護師長等、総勢146名が参加しました。
 午前は、本院看護部長 宮薗 幸江の挨拶により看護師長会が開会し、看護師長、副看護師長によるグループディスカッションが行われました。参加者は8つのグループに分かれ、「医療安全」や「ストレスマネジメント支援」等のテーマについて、活発な議論が交わされました。
 午後の協議会開催に際しては、冒頭、本院病院長 坂本 泰二より挨拶があった後、文部科学省 高等教育局 医学教育課 大学病院支援室 病院第二係長による講演(演題「大学病院を取り巻く諸課題について」)がありました。その後、「大学病院集中治療部における臨床・教育・研究について」をテーマとしたパネルディスカッションが行われました。
 会議終了後には、情報交換会が開催され、参加者による闊達な歓談が行われました。

(写真①) 坂本病院長による挨拶
 (写真②) 講演後の質疑応答
(写真③) 協議会の様子

令和6年能登半島地震に係る鹿児島大学病院災害派遣精神医療チーム(DPAT)先遣隊 活動報告

 令和6年能登半島地震災害における被災地の医療支援のため、本院では、災害派遣精神医療チーム(DPAT)※1先遣隊3名(医師1名、看護師1名、業務調整員1名)を1月14日~20日の日程で派遣しました。
 本院のDPAT先遣隊は、金沢市に設けられた1.5次避難所を中心に支援活動を行いました。1.5次避難所は2次避難所が決まるまでの間、より安全な環境を提供するために設けられた避難所です。
 安全な場所とはなりますが、長引く避難所生活による被災者の方々の疲労も大きく、「将来への不安から眠れない」などの話をされる方も多くいらっしゃいました。一人でも多くの方の訴えに耳を傾け、寄り添うことを大切に活動しました。また、休みなく働かれている支援者もおり、支援者に対するケアも非常に重要になってくると考えられました。
 被災地は混乱が続き、避難生活が長期化する可能性も高いため、今後も心のケアが非常に大切です。
 一日も早い復旧・復興をDPAT隊、鹿児島大学病院職員一同お祈り申し上げます。

<本院DPATメンバーのコメント>
齊之平 一隆 医師 (神経科精神科)
鹿児島県DPAT第2陣として出動させていただきました。どのくらい支援できるのか、ニーズがあるのか不安もありました。まだまだ混乱している中、さまざまな悩みがあり、診察を行ってきましたが、「もっとできることがあったのではないか」と振り返っております。今回の活動をしっかりと今後の支援に活かしていきたいです。

吉井 洋之 看護師
今回、鹿児島県DPATの一員として、被災された方々の心のケアにあたりました。現場で必要とされる支援はどのようなものか、模索しながらの活動でしたが、今回の経験を今後の支援に繋げたいと思います。

中牧 晋太朗 業務調整員
少しでも被災に遭われた方々の支援となるよう、医師・看護師のサポートや情報収集・準備等の業務調整を行ってきました。今後も引き続き出来る限りの支援等を行っていき、また今回の活動を今後に活かしていきたいと考えております。

※1 DPAT(災害派遣精神医療チーム Disaster Psychiatric Assistance Team)
大規模災害後、被災地域に入り、精神科医療及び精神保健活動の支援を行う専門的なチーム

(写真①) 医師・看護師による診察
 (写真②) 処方される薬を準備する看護師

●関連リンク (鹿児島大学病院からのお知らせ)
令和6年能登半島地震に係る鹿児島大学病院災害派遣精神医療チーム(DPAT)先遣隊及び災害時感染症支援チーム(DICT)医師を被災地へ派遣しました

令和6年能登半島地震に係る日本医師会災害医療チーム(JMAT)医師を被災地へ派遣しました

 令和6年能登半島地震被害に伴い、鹿児島県医師会より協力要請を受け、鹿児島市医師会病院が編成する日本医師会災害医療チーム(JMAT) ※1の一員として、本院より医師2名を派遣しました。
 本院職員を含むJMATは、1月28日から2月1日までの5日間、石川県輪島門前町での活動を予定しており、避難所における巡回診療、診療所支援のため発熱外来対応等の医療支援にあたります。
 1月26日には、派遣を控えた医師1名(集中治療部 政所 祐太郎助教)と坂本 泰二病院長、吉浦 敬副病院長(災害対策担当)、垣花 泰之救命救急センター長などの関係者が会し、派遣地域や準備状況等について、情報共有が行われました。
 最後に坂本病院長から派遣職員へ激励の言葉が贈られ、派遣職員からは、「活動を終えて帰院しているDPAT・DMAT派遣職員とも情報交換を行いながら、現地の方々のニーズに応えられるよう医療支援に尽力します」と抱負が述べられました。

※1 JMAT(日本医師会災害医療チーム:Japan Medical Association Team )
被災者の生命及び健康を守り、被災地の公衆衛生を回復し、地域医療の再生を支援することを目的とした医療支援チーム

(写真①)情報共有を行う坂本病院長と政所助教
(写真②)左より 前列:政所助教、坂本病院長
後列:染矢事務部長、吉浦副病院長、垣花救命救急センター長